« 「点てる。淹れる。しつらえる。モダン茶ノ湯のミタテ時間」 本日からです!(10/5~11) | トップページ | 無事、終了しました~(^^) »

2012年10月14日 (日)

私の考える 「こどもの器」

一週間ぶりの更新です(^^)

 

いつも見に来て下さってる方々、ありがとうございます!m(__)m

 

 

さて、今日は新しい作品の紹介です

 

 

娘が産まれてから、ずっと形にしたいと思っていた 「こどもの器」。

 

 

子供用の器を探しに行くとプラスチックの多い事、多い事。

キャラクター物の多い事、多い事(^^;)

 

それはそれで可愛いし、使い易いし、割れないし。

でも、ちょっと違和感が・・・。

 

そう言う事、感じてたお母さん達って居るんじゃないかな?

 

 

私はこういうお仕事なので、器は沢山あって・・・(笑)

普段使ってる器をそのまま使ってました。

 

もちろんプラスチックみたいに軽くないし、割れる。

 

でも、だから 「しっかり持たないと落とすよ」

スプーンでカンカンしたら 「 欠けちゃうよ」

投げようとしたら 「危ないよ、割れちゃうよ」 って教えられる。

 

 

もちろん、小さいうちは分からないし、

あっ!って思った時は投げちゃってたり・・・(^^;)

 

でも、それで欠けるんだ、割れるんだって教えられる。

 

子供って、教えれば ちゃんと持つし、ちゃんと分かる。

 

小さいからこそ、分からないからこそ教える。

 

モノを大事にする事を教えるってこういう事かなって。

 

 

それって、食育に繋がってると思うんです。

 

 

色々な器を組み合わせて使う。

料理に合わせて使う。

季節によって器を変える。

自分の器が決まってる。

 

 

これって、日本独特の文化なんですよね。

それをちゃんと伝えたいなぁって。

 

 

色んな事が理解出来てきて、自分でしっかり食べられるようになる、

3才くらいには、「自分の器」 を持たせる最初のいい機会だと思います。

 

 

試行錯誤を繰り返して  ( 試作は全部娘の器 ^^; )

こんな器だったらいいなぁ・・・と思うモノを形にして見ました

 

 

 

  Children  tableware

 TSUBU   - Satomi noda -

 

 
1350214046571.jpg

 

 

 Children  tableware   TSUBU  の考える 子供の器とは・・・。

 

 

・ 必要なアイテムは4つ。 「マグカップ、飯椀、丼ぶり、深皿」 

  この4種類でほとんどの料理に対応可能

・ 子供の手になじむ丸いライン

・ しっかり持てるように滑り止めを兼ねた装飾

・ スプーンなどの金属跡が付かない透明釉

・ 最後まですくい易い様に縁が内側へ入り込む深皿

・ 料理の色がはっきり分かるやさしいアイボリー

・ 子供子供し過ぎず、普段の器使いの食卓で浮かない。

・ 子供の為の、親切すぎる要素は入れない。

・ 有害物質が出る恐れのある原料を使わない

 

 

 

 

【使用例】

・ ご飯、ハンバーグ、コーンスープ

・ 炊込みご飯、唐揚げ、卵のお吸い物

1350214047678.jpg

 

 

・ ミートスパゲッティー、カップサラダ

・ チャーハン、ワカメの中華スープ

・ オムライス、マカロニサラダ

1350214048630.jpg

 

 

・ 親子丼、お味噌汁、お茶

・ ロコモコ丼、ポテトサラダ、トマトスープ

1350214049673.jpg

 

 

 

・ おうどん 又は ラーメン、お茶

1350214051720.jpg

 

 

 

 

私が今まで使ってきて、最低このサイズのこの種類で足りると判断しました!

( 足りないよって方がいたらスミマセン

 

 

 

今月24日からの銀座三越での展示会に出品予定です。

また近くなったらお知らせしますね(^^)

 

 

あ~、ずっと形にしたかったものが出来て、スッキリした~っ!!ψ(`∇´)ψ(笑)

 

 

 

 

ランキングに参加してます

     励みになりますので ポチっと1クリックお願いしますっ! (^^ゞ

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村 


工芸 ブログランキング

Satomi  Noda | バナーを作成

 

 

 

|

« 「点てる。淹れる。しつらえる。モダン茶ノ湯のミタテ時間」 本日からです!(10/5~11) | トップページ | 無事、終了しました~(^^) »

コメント

野田さん!この度はお世話になっています。
こちらにお邪魔させていただきました!
野田さん、やきものだけでなく文章もお上手なのでついつい引き込まれてパリでの展示会レポートも全部読ませていただきました(*゚▽゚*)
すごいですね!
実は私も数年前からずっと海外を考えていたんですがなかなか道は遠く・・・
私の場合はシングルマザーで実家もお金もないため何とか子どもがひとりで生きていけるように英語力や国際性をつけてあげたいし選択肢を増やしてあげたいと思って海外に連れて出たいというのがあるのですが、私自身が英語力ない資金ないってことで道が見えずまだあがいている途中です。野田さんはパワフルで前向きですごいなあと思ってついついこちらにコメントさせていただきました。
ほんとにいつかお会いできる日を楽しみにしています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 君山ちづる | 2013年3月13日 (水) 21時59分

君山さん、コメントありがとうございますっ!

何をおっしゃいますか!
恥ずかしながら家族を養える程の稼ぎはなく…。

1人ですべてをこなして更に次を見ようとしている君山さんは尊敬します。

パリでの展示は勉強になったし、得るものもありましたが、
やはり自分で乗り込んで行くには資金的にかなり無理があると思います。

海外に強いギャラリーや、優秀なコーディネーターの方と繋がる事が一番だと思います。
それと語学…^^;
でも、自分でやってどういう事が発生してくるとか、よく分かりました!
有り難みとか…(笑)

次に海外へ挑戦するのは、いつになるか分かりませんが、
まず作品の答えを出さないと、と思ってます。

君山さんと、お会いしたくなりました。
いつか必ずお会いしたいですね!

投稿: さとみ | 2013年3月14日 (木) 00時44分

こちらこそありがとうございます!

いえいえ私なんてやきものでは生活支えられないんで、非正規雇用の仕事で子ども養ってる次第で(^_^;)
しかもその仕事も1年契約なんで危ない危ない(笑
綱渡りです(汗

でもそうですよね、野田さんの記事読ませていただいて、フランス人自由すぎ!っていうのがよくわかって、こりゃー大変そうって思いました(笑

これに語学が加われば、怖すぎる~(ToT)

私も今のような作風では海外は難しいと思っているのでもっと考えないといけないなと思っています。
でも年だけ取っちゃうし焦ります~(T ^ T)

私も野田さんすごいだけでなく面白いし(^O^)ほんといつか必ずお会いしたいと思います。
それに野田さんがでも、実際に向こうで感じたことへの答えはなんなんだろうって、それも気になります!

私も今後いろいろ探してみようと思っていますのでなにかいい海外情報ありましたらご連絡しますね!

今後ともよろしくお願いいたします~♡

投稿: 君山ちづる | 2013年3月15日 (金) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「点てる。淹れる。しつらえる。モダン茶ノ湯のミタテ時間」 本日からです!(10/5~11) | トップページ | 無事、終了しました~(^^) »