« 作家を探してる方、必見っ!! | トップページ | チャリティー展のお知らせ »

2011年3月14日 (月)

人の為とは 「偽」 ・・・。

今回の大地震。 大変なショックと共にある雑誌の記事を思い出しました。

 

阪神淡路大震災の時、たくさんのボランティアとのトラブル。

 

その記事にはこう書いてありました。

 

ボランティアに来た人たちが、口を揃えるように言ったのは

 

「被災した人たちに何かしてあげたい」

「力になってあげたい」

 

でも、それは違うと。

 

誰かの為、人の為 と書いて 「 偽 」 という漢字になります。

ボランティアとは誰かの為、人の為ではなく、自分の為なのだと。

 

だから、

「してあげる」 ではなく 「させて頂く」。

「なってあげたい」 ではなく 「ならせて頂きたい」。

「自分が出来る事」 ではなく 「相手がして欲しい事」 をする。

 

そういう考えで来ていないので、

ボランティアに来ていた人達から

 

「せっかく来たのに指示がもらえない」

「私はこんな事がしたかったのに・・・」

「良かれと思ってやったのに文句を言われた」

「ありがとうすら言わない人がいる」

 

などの不満が出て、たくさんのトラブルが発生したそうです。

 

この記事を読んで、ハッとして 恥ずかしくなったのを覚えています。

 

以前、私の友人の家が放火で全焼しました。

幸いにも友人に怪我はありませんでしたが、その時着ていた服以外

すべてのモノが燃えて無くなりました。

 

周りの人たちがお金をカンパしたり、洋服や色々なモノを届けました。

 

それから随分経って、彼女がその時の気持ちを話してくれました。

 

とても有難かった。

でも、辛かった。

会う人、会う人に、すみません、ありがとう を繰り返す。

何度も、何度も。

自分は何も悪い事してないのに すみませんって謝り続ける。

色々なモノを頂いて有難いのに、だんだん惨めになってくる。

早く忘れて生活を立て直したいのに

頂いたモノばかりに囲まれてると忘れられない。

感謝したいのに、辛くなるばっかりで・・・。

 

私はその話を聞くまで、友人がそんな気持ちでいるなんて

少しも思わなかった。

 

それどころか、困ってた友人の力になれたと良い気持ちにすらなっていた。

 

恥ずかしくて、申し訳なくて、自分の思慮の浅さを思い知らされた。

 

 

だから、今回の大地震ではまず募金しようと思います。

被災した人たちが一番柔軟に利用してもらえる形かなと。

 

陶芸関係で チャリティーの作品展など

いろいろと動いてる人達もいます。

そういう動きにも参加していこうと思ってます。

 

被災した方達が 「 して欲しい事 」 に使えるように。

 

|

« 作家を探してる方、必見っ!! | トップページ | チャリティー展のお知らせ »

コメント

10年ほど前の話、東海豪雨のボランティアに行った時の事ですが
2度目のボランティアの時、水に浸かった家の中の片づけが必要とされていた時期に
4人一組で組んだ相手が小学生の娘さんを連れたお母さんでした。
力仕事が主だったのに当然その親子は何もできず、その分私と友人は二人でひたすら水に浸かった畳を運び出したり、タンスを運んだり…
その時思ったのは この親子は一体何を思って参加したのか
子供に教える事は必要かもしれないけど、被災した人たちに対してどう考えているのか…

あの頃とボランティアの感覚は変わったと思いますが
本当に必要とされているのは何かがわからなければ それはただの自己満足に終わってしまうのかも…

わたしも今は 義援金に協力しています

投稿: ぐーにゃ | 2011年3月14日 (月) 22時35分

コメント、ありがとうございます。
東海豪雨のボランティアされたんですね。
頭が下がります。

相手の立場に立って行動する、相手を思う、思いを馳せるって ホントに難しいですよね。

私もまた間違いをするかもしれないけど、その都度
考えて学んでいきたいです。

今回はまず募金ですよね!

投稿: さとみ | 2011年3月15日 (火) 10時11分

偽の旧字体は「僞」という文字で、人+爲の組み合わせです。
「爲」は人が手を加えて作る(本来はゾウを手なずけるの意)、つまり「作為」という意味で、「~のため」という意味ではありません。
したがって、人の為は「偽」とい解釈は間違いです。

投稿: | 2012年8月23日 (木) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作家を探してる方、必見っ!! | トップページ | チャリティー展のお知らせ »