« トンボ作り 私の場合 | トップページ | プロになりたい人へ・・・ »

2010年7月14日 (水)

陶芸、釉薬の本 私の場合

私はほぼ独学で陶芸を勉強しました

 

で、何を見て勉強したかと言うと ・・・

P1020516  

← これ

う~ん、懐かしい ・・・

 

 

P1020517 最初に手にしたのは

「 陶芸の釉薬 大西政太郎 著」

 

これ、みんな持ってますよね

 

P1020520 次がこれ。

「やきものの釉薬」

 

 

 

P1020521 この本はすべてカラー

 

たくさんのテストピースが

すべてカラーで載ってます!

 

P1020519 で、次がこれ。

「陶芸のための科学」

 

ゼーゲル式を勉強したくて ・・・。

 

P1020518 で、次がこれ。

「窯業計算の仕方」

ゼーゲル式が結構解り易く

書いてある本です

 

みんな10年くらい前に買った本だから今もあるのかな?

「陶芸の釉薬」はまだあると思うけど

 

私の周りには協力してくださる方がたくさんいたので

本を読んでは解らない所を聞きに行ってました

 

最初は 1ページ目の1行も読めなかった ・・・

 

専門用語の意味が解らないから1行も読めない ・・・

っていうか、理解できないっ!!

 

だから、解らない用語を書き出しては聞きに行ってた

 

それが、太田 貢さんだった

http://satomi-tougei.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-4fa4.html

 

ロクロを基礎から教えなおしてくれ、

原料や土を買う所や道具の作り方を教えてくれたのが、

滝田 操 さん

 

他にもいろいろ事あるごとに相談に乗ってくれたり

教えてくれる人がたくさんいました

 

そのつながりを作ってくれたのも、太田さんと滝田さん

 

足を向けて寝れませんっ!!!

 

|

« トンボ作り 私の場合 | トップページ | プロになりたい人へ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トンボ作り 私の場合 | トップページ | プロになりたい人へ・・・ »